① 着用時・着用後の注意


油汚れを防ぐために、直接首にあたらないようブラウス・ジャケット・スカーフなどを工夫されることをおすすめします。

着用後は、厚手のハンガーにかけ、半日陰干ししてください。

② 雪や雨などに濡れた場合


乾いたタオルで軽く叩くようにして水分をよく拭き取り、形を整えて陰干しをしてください。

※ その際、アイロンやドライヤーで急激に乾かすのは、避けてください。    

③ 汚れた場合

 

通常の汚れは、ぬるま湯に浸したタオルを堅く絞って拭き取ってください。

油汚れは、お湯に中性洗剤を溶かし、タオルなどを浸し、堅く絞って拭き取ってください。

その後に真水に浸したタオルを堅く絞って洗剤をよく拭き取り、陰干しをしてください。

革用クリーナーを用いる場合は柔らかい布に付けて、軽く拭き取ってください。

※ 革によっては、色落ちやシミになることがあるのでまず裏側の目立たない部分で試してから、表面を拭くようにしましょう。

 汚れのひどいものは、クリーニングに出してください。

※ ベンジン・アルコールは厳禁です。

④ しわになった場合

 

  形を整たり、折りしわを直すときは乾熱アイロンを用いて布をあて低温  

  で手早くプレスしてください。

⑤ 金属にご用心


金属のショルダーバックなど、同じ箇所を強く摩擦すると、いたみの原因となります。

⑥ やぶれにご用心


釘の出た部分やタンスのかど、ラックのかど、ペットの爪などで強く引っ掛かると、突起物には弱いので、のびてしまったり破れてしまいます。

— AFTERCARE —

 天然素材のお手入れ、保管方法

 

ナッパ(表革)スェード(裏革)ファー(毛皮)

シルクウール保管方法

 

Rozenfur -